買取品目

  • 貴金属
  • 金・銀・プラチナ
  • 宝飾品
  • ダイヤ・宝石
  • 記念金貨メダル
  • 切手・中国切手
  • 記念硬貨
  • 古銭・古紙幣
  • カメラ
  • 昔の玩具
  • ブランドバッグ
  • 高級時計
  • 金券・テレカ
  • 通信教材
  • 高級食器
  • 高級文具
  • 化粧品
  • 高級洋酒
  • 携帯電話

年末年始の営業時間について

年末年始については通常とは異なる営業時間となります。ご不便をおかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

■宅配買取の受付
平成27年12月28日(月)〜平成28年1月3日(日)
まで休業とさせていただきます。
※郵送されたお荷物の受け取りは28日到着分まで可能ですが、査定や成約後のお振込みについては状況により年内処理ができるか変わってきます。詳しくはお電話またはメールにてお問い合わせください。

■お問い合わせの受付
平成27年12月30日(水)〜平成28年1月3日(日)
まで休業とさせていただきます。

「金のアヒル 吉祥寺店」における個人情報の取扱

個人情報保護に対する基本方針

「株式会社スーパーゴールド 金のアヒル 吉祥寺店」(以下、「当店」といいます)は、当店業務に関連し、その活動を行うために多くの個人情報を保有するものであるところ、個人情報の保護が重大な責務と考え、情報主体をはじめ広く社会からの信頼を得るために、以下のとおり個人情報保護方針を定め、個人情報の保護に努めます。

当店は、個人情報について、関係法令その他の規範及び当社策定にかかる各種規程等の定めるところに従い、当店において業務に従事する全ての者に対してその周知・徹底を図り、適切にこれを取り扱います。

個人情報の利用目的

  1. 当店は個人情報(お客様の氏名、住所、電話番号、e-mailアドレス、ご注文いただいた商品の種類や数量、ご請求金額などの情報)を以下の目的で利用させていただきます。
    • お客様への注文内容や配送方法などの連絡・確認、および商品の発送および代金の請求のため、また、代金の請求および代金の支払いの確認に関連してご指定いただいた銀行口座などのお支払情報を利用する場合があります。
    • お客様に当店が行うキャンペーンや商品・サービスのご案内をするため
    • 発送した商品に関連するアフターサービスのため
    • お客様への報告やお問い合わせに対する回答をなど必要な対応等を行うため
    • お客様へのサービスに関する情報のお知らせのため
    • お客様への商品管理情報のお知らせのため
    • 不正な目的をもって商品を注文するような方にサービスのご利用をお断りするために、 不正な目的での利用がなされたと判断したお取引に関するお客様の氏名、住所、ご注文いただいた商品の種類や数量、ご請求金額などの情報を利用します。
  2. 当店は上記利用目的の達成の為に、個人情報を以下の通り共同利用いたします。
    • 共同利用する項目
      • 氏名、住所、電話番号、e-mailアドレス、職業、身分証明書の種類・番号など、ご注文いただいた商品の種類や数量、ご請求金額などの情報
    • 共同利用者の範囲
      • 出荷代行業者、サーバー管理会社、運送会社
    • 共同利用の管理責任者
      • 当社

個人情報を第三者に委託して利用する場合は、 当該第三者との間で秘密保持契約を締結した上で提供するなどし、委託先への適切に監督します。

個人情報の管理について

  • 個人情報保護法やガイドラインに従って必要な社内体制を整備し、重要な個人情報を扱う社員から個人情報の取扱を適正に行う旨の誓約書を取得します。
  • 個人情報の利用を業務上必要な社員だけに制限し、個人情報が含まれる媒体などの保管・管理などに関する規則を作り、個人情報保護のための予防措置を講じます。
  • システムに保存されている個人情報については、業務上必要な社員だけが利用できるようアカウントとパスワードを用意し、アクセス権限管理を実施します。なお、アカウントとパスワードは漏えい、滅失のないよう厳重に管理します。

情報の開示

  • 当店は、個人情報を販売したり貸し出したりすることはいたしません。
  • 以下の場合に、当社は個人情報を第三者に提供することがあります。
    1. 情報提供について本人の同意がある場合。
    2. 法令等により開示を義務付けられた場合、または裁判所、警察等の公的機関から開示命令があった場合。
    3. 当店または提携先が提供するサービスの利用に関連して、ユーザーが法令や利用規約、ガイドラインなどに反し、第三者または当店の権利、財産、 サービスなどを保護するために必要と認められる場合であって、本人の同意を得ることが困難な場合。
    4. 人の生命、身体および財産などに対する差し迫った危険があり、緊急の必要性がある場合であって、本人の同意を得ることが困難な場合。

継続的改訂

今後、当店はプライバシーの考え方の全部または一部を改訂することがあります。